~彩りの街・神楽坂のアトリエで描く~

ロゾーとはフランス語で「葦」を意味します。
フランスの哲学者パスカルは「人間はひとくきの葦にすぎない。
自然の中で最も弱いものである。だが、それは考える葦である」と言っています。
我を忘れて絵を描いているとき、私たちは、手で、眼で、そして全身で考え続けているように思います。
その姿は、風にそよぐ葦に似ているかもしれません。
ロゾー絵画教室では、私たちがしなやかに絵について考え対話し続けることで、ひとりひとりの長所を
活かしながら、伸びやかに表現することができるような指導をいたします。
忙しい日常や肩書きからひととき離れて、また、未知の自分を探して、静謐な絵の世界に遊びませんか?
描く喜びは、人生の景色を鮮やかに彩ってくれることでしょう。

ロゾーの特長

個性を伸ばします
一定のスタイルを押し付けるのではなく、絵の制作の過程を一緒に追い、特徴を汲みながら、適時に助言をします。
描き手の身になって後押しできるような指導を心がけています。
初心者も大歓迎
道具や画材の使い方、構図の決め方、形の取り方などから指導いたします。
ひとつひとつ経験を積み重ねていくうちに、画布や紙の上に、その方ならではの絵が表現されていくでしょう。
講評会で進歩を確認
毎回の丁寧な講評会で対話をしながら、誰もが必ず持っているチャームポイントを引き出すように進めてまいります。
様々な素材や持ち味の作品を同時に観ることも、よい刺激になるでしょう。
身軽に通学
画材(入会時に差し上げるケースに収納して頂きます)と作品一点を預けることができます。
展覧会で成果を発表
通常の講習に加えて展覧会なども随時企画いたします。

第11回ロゾー展を開催します2020年12月4日 更新

2020年12月9日(水)~13日(日)まで、セッションハウス・ガーデンにて第11回アトリエ・ロゾー展を開催いたします(平日は11:00~18:30、最終日は17:00閉廊)
ロゾーそしてプティロゾー(子供向けクラス)の方たちが参加いたします。あらゆる世代の、個性あふれる多様な表現を是非ご高覧ください。 
会場:セッションハウス・ガーデン(セッションハウス2Fギャラリー) 
〒162-0805東京都新宿区矢来町158
TEL:03-3266-0461 FAX:03-3266-0772
URL:www.session-house.net
E-mail:mail@session-house.net

6月1日よりロゾー絵画教室・プティロゾー再開のお知らせ2020年6月1日 更新

5月末に「緊急事態宣言」が解除されたことを受けて、6月1日よりロゾー絵画教室・プティロゾーともに再開いたします。再開後も引き続き感染予防に努めていく所存です。入室の際には手洗い、うがい、検温をしていただき、教室の窓は開けて換気をし、ビニールのカーテンでお一人お一人を区切りながら制作の環境を整えてまいります。よろしくお願いいたします。

5月7日~5月31日までロゾー絵画教室・プティロゾー休講継続のお知らせ2020年5月8日 更新

ロゾー絵画教室、プティロゾーでは4月1日~5月6日まで休講とさせていただきました。3月の断続的な休講を含めて、1か月半以上の間、会員の皆さま、保護者の皆さまには多大なるご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。
しかしながら5月6日に「緊急事態宣言」が延長されたことを受けて、引き続き5月31日まで、全てのレッスンを休講することといたしました。苦渋の決断ではございますが、延長された1カ月余りは、人との接触を8割減らすことを継続し、一日も早いコロナ禍の収束を実現させるために大変重要な時期になると判断いたしました。今後もおひとりおひとりの健康を最大限に守ることを第一に行動して参りたいと思います。