~彩りの街・神楽坂のアトリエで描く~

ロゾーとはフランス語で「葦」を意味します。
フランスの哲学者パスカルは「人間はひとくきの葦にすぎない。
自然の中で最も弱いものである。だが、それは考える葦である」と言っています。
我を忘れて絵を描いているとき、私たちは、手で、眼で、そして全身で考え続けているように思います。
その姿は、風にそよぐ葦に似ているかもしれません。
ロゾー絵画教室では、私たちがしなやかに絵について考え対話し続けることで、ひとりひとりの長所を
活かしながら、伸びやかに表現することができるような指導をいたします。
忙しい日常や肩書きからひととき離れて、また、未知の自分を探して、静謐な絵の世界に遊びませんか?
描く喜びは、人生の景色を鮮やかに彩ってくれることでしょう。

ロゾーの特長

個性を伸ばします
一定のスタイルを押し付けるのではなく、絵の制作の過程を一緒に追い、特徴を汲みながら、適時に助言をします。
描き手の身になって後押しできるような指導を心がけています。
初心者も大歓迎
道具や画材の使い方、構図の決め方、形の取り方などから指導いたします。
ひとつひとつ経験を積み重ねていくうちに、画布や紙の上に、その方ならではの絵が表現されていくでしょう。
講評会で進歩を確認
毎回の丁寧な講評会で対話をしながら、誰もが必ず持っているチャームポイントを引き出すように進めてまいります。
様々な素材や持ち味の作品を同時に観ることも、よい刺激になるでしょう。
身軽に通学
画材(入会時に差し上げるケースに収納して頂きます)と作品一点を預けることができます。
展覧会で成果を発表
通常の講習に加えて展覧会なども随時企画いたします。

第12回アトリエ・ロゾー展開催のお知らせ2021年12月8日 更新

セッションハウス・ガーデンにて第12回アトリエ・ロゾー展は盛況のうちに無事終了いたしました。
ロゾー35名、プティロゾー(子供向けクラス)54名、講師5名、総勢94名が参加し、あらゆる世代の個性あふれる力作、秀作が展示されました。
2021年の成果をぜひ高覧ください! 

「第12回アトリエ・ロゾー展」 2021年12月8日(水)~12日(日)
会場:セッションハウス・ガーデン(セッションハウス2Fギャラリー) 
〒162-0805東京都新宿区矢来町158
TEL:03-3266-0461 FAX:03-3266-0772
URL:www.session-house.net
E-mail:mail@session-house.net

IMG_20211209_125158IMG_20211209_125140IMG_20211209_125233IMG_20211212_110046IMG_20211212_110129
IMG_20211212_110142IMG_20211212_110328IMG_20211212_110219IMG_20211212_110237IMG_20211212_110305IMG_20211212_110250IMG_20211212_110359IMG_20211212_110346IMG_20211212_105929IMG_20211212_105919IMG_20211209_125107 (1)
IMG_20211212_110015IMG_20211212_110024IMG_20211212_110033 (1)IMG_20211209_125126IMG_20211212_105951IMG_20211212_112129IMG_20211212_112135IMG_20211212_112215IMG_20211212_112154IMG_20211212_112202
IMG_20211212_111834IMG_20211212_111905

新会員を随時募集しております2016年10月6日 更新

ロゾー絵画教室では各クラスで随時生徒さんを募集しております。 ご興味のある方は、お気軽にご見学や無料体験レッスンをお申し込みください。 このページの「お問い合わせ」欄からアクセスして、メールをご送信ください。 一両日中に詳細をご返信いたします。 時々こちらからのメールが迷惑メールボックスに入ってしまうことがございます。 せっかくのお問い合わせを無駄にしてしまうことを避けるため、お問い合わせの中にお電話番号をご記入ください。 当教室からのお返事に対してしばらくご返信がない場合、お電話にてご連絡させていただきます。